[PR]

 新型コロナウイルスの影響で休校が長引く中、日本英語検定協会は、小学5年から中学3年を対象にした「外国語」授業動画の無料配信を始めた。製作には文部科学省が協力。英検協会では初めてのオンラインを活用した試みで、「授業動画は多くの自治体が取り組んでいるが、地域ごとに質の格差も生まれている。全国の自宅学習をサポートできれば」という。

 4月半ばに公開した特設ページ(https://eigojoho.eiken.or.jp/m/m1149622cf753別ウインドウで開きます)には「欲しいものを英語で言えるようになろう」「自己紹介の仕方」「絵本を読もう」など25本以上の動画授業をアップしている。1月に立ち上げた教職員向けのサイト「英語情報Web」を今回、児童生徒のために活用したという。

 動画を選んで名前や学校名、メールアドレスを登録すれば視聴用パスワードを入手できる。今後も新学習指導要領の教科書に沿ったテーマを追加予定だ。

 指導助言をした池田周(ちか)・愛知県立大教授は「全国の先生方と遠隔のテレビ会議で話し合いながら、2週間余りで何とか作り上げた教材。教室の授業のように双方向のやり取りも意識した。ぜひ多くの方に活用してほしい」と話す。(西村悠輔)