[PR]

 埼玉県川口市は今月16、23、24日の3日間、芝、新郷、鳩ケ谷など6支所の休日開庁を実施する。新型コロナウイルス対策で国が支給する特別定額給付金のオンライン申請が1日から始まったものの、手続きに必要なマイナンバーカードに関連した相談などが殺到しているため。

 特別定額給付金はマイナンバーカードがあればオンラインで申請できることから、各自治体では大型連休明けから新規証明の発行や、忘れてしまったパスワードの変更、ロック解除などの手続きが急増している。

 さいたま市ではマイナンバー窓口が混雑しているため、14日に各区役所区民課の状況をホームページで確認するよう呼びかけている。川口市では窓口によっては最大150分待ちになったり、途中で受け付けを打ち切ったりしているという。このため、混雑緩和と新型コロナウイルスの感染予防のための「密」を防ぐため、6支所の窓口を休日も開き、マイナンバーカード関連の来場を分散してもらうことにした。

 17日はシステムのメンテナンスで開庁しない。第一本庁舎は移転したばかりで実施しない。(堤恭太)