[PR]

 地球温暖化の影響で、さまざまな感染症を媒介する蚊の生息域が拡大している。日本にはいないはずの種類も確認されるようになり、専門家は「このまま温暖化が進めば日本に定着する可能性がある」と危機感を募らせる。

 蚊は人間にとって最も致死的な動物とされる。「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」によると2015年に蚊で命を落とした人は世界で83万人。ほかのどんな動物よりも多い。

 そんな蚊の脅威が温暖化に伴って日本で北上している。

拡大する写真・図版ヒトスジシマカ=国立感染症研究所昆虫医科学部提供

 公園などでよく見かけるヒトス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら