[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休校が続くなか、和歌山県紀の川市桃山地区の小中学校3校に、「みんなの笑顔まってるよ!」の横断幕が掲げられた。

 毎月1日と15日、登校する児童らに声かけ運動を続けている市更生保護女性会桃山分会(船木栄子分会長)が、子どもたちを励まそうと市立安楽川(あらかわ)小、調月(つかつき)小、荒川中の正門などに設置した。

 船木分会長は「例年ならランドセルを背負った新1年生の笑顔がはじけている。会えないその寂しさから考えた。登校する日を地域で待っている」と話している。(高田純一)