[PR]

 北海道と札幌市は14日、新型コロナウイルスの感染者が同市で新たに6人確認され、道内で2人が死亡したと発表した。道内の感染者はこれで延べ989人、死者は計72人となった。

 また、道は感染状況について、同日までの過去1週間の平均値で1日あたりの新規感染者が8・7人、感染経路のわからない新規感染者が2・9人となり、いずれも道の目標値を下回ったとした。一方、入院者数は323人と目標値を約3割上回った。

 恵庭市によると、札幌市の感染者の1人は、恵庭市総務部財務室の30代女性職員。4月と5月に感染が確認された札幌市の男女の同居する親族で、4月25日から在宅勤務していて、軽症という。(松尾一郎、志田修二)