[PR]

 ロイヤルホールディングス(HD)は14日、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」など不採算の約70店舗を2021年度末までに閉店すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大などで需要が急減。20年1~6月期決算の業績予想について、純損益を155億円の赤字に下方修正した。

 閉店するのは、ロイヤルホストや天丼店「てんや」など。詳細は今後検討する。緊急事態宣言を受けて臨時休業や時短営業などを実施し、ロイヤルホストの4月の売上高は前年同月比42・1%に落ち込んだ。また機内食やホテルなどの事業も打撃を受けており、不採算店舗の閉鎖は緊急対策として打ち出した。

 ロイヤルHDは国内でロイヤルホスト217店、てんや147店などを展開している(いずれも直営で3月末時点)。