[PR]

 奥秩父の山々を中心に山梨、埼玉、長野、東京の4都県にまたがる「甲武信(こぶし)ユネスコエコパーク」のロゴマークが決定した。奥秩父を源流とする四つの川や、この地域ならではの豊かな生態系を表現したという。

 地元自治体でつくるエコパークの推進協議会で作成した。甲武信に源を発する荒川、多摩川、笛吹川、千曲川の流れが大きな渦のようになっていて、その中にチョウとカエデの葉を配した。甲武信ケ岳のシルエットも用いて、地域の特色を表現している。

 エコパークのホームページで公開しており、パンフレットやポスターなどに使用される。(吉沢龍彦)