[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校が続く千葉県柏市。入学式を行うめどが立たない市立小学校では、新入生が担任と会って話す機会を設けている。

 柏第一小学校では14日、順次登校した児童が1人ずつ教室に入り、担任の教師と対面した。担任から「心配事はありますか」「おうちではどのように過ごしていますか」などと尋ねられた後、保護者も同席。合わせて約10分の「初登校」だった。

 対面を終えた加部東(かぶとう)真桔子さん(6)は「ランドセルがちょっと重かったけど楽しかった。給食が楽しみ」。母親の晶子さん(40)は「少ない時間だったけれど、ようやく小学1年生になった気がします」と話した。(福留庸友)