[PR]

 トヨタ自動車の2020年3月期の取締役6人の賞与(ボーナス)総額が、前年より約17%増の14億7600万円になったことが15日、分かった。堅調な業績などを反映した。

 この日公表された定時株主総会(6月11日)の招集通知で明らかにした。19年度から採り入れた株式報酬を含めた賞与は、1人あたりの平均額が前年より3650万円多い2億4600万円だった。トヨタ広報は「連結営業利益や株価の変動率をあわせた評価結果が高く、前年は賞与の一律10%削減も行っていた」と説明。社外取締役を含めた取締役9人の役員報酬の総額(賞与を含む)は22億8600万円と、前年(対象者13人)より約17%増えた。1人平均にすると約69%増だが、前年は報酬の対象期間が短い退任者も含み、人数が異なるため、単純比較はできない。

 本社(愛知県豊田市)で開く株…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら