[PR]

 松尾邦弘・元検事総長(77)ら検察OBの有志が15日午後3時すぎ、政府の判断で検察幹部の定年延長を可能にする検察庁法改正案に反対する意見書を提出するため、法務省を訪れた。意見書は、田中角栄元首相が逮捕されたロッキード事件の捜査経験者ら十数人の連名。政府提出法案に対し、元検察トップが反対する行動を起こすのは極めて異例だ。

 松尾氏は法務事務次官を経て2004年から2年間、検事総長を務めた。改正案は、検事総長や高検の検事長ら検察幹部が定年に達しても、政府の判断で職務を延長することができると規定。衆院内閣委員会で審議しているが、ネット上で抗議が広まっているほか、野党は「検察の中立性や独立性を損なう」と激しく反発している。