[PR]

 森雅子法相が15日、衆院内閣委員会の途中から出席した。国民民主党の後藤祐一氏、共産党の藤野保史氏、日本維新の会の足立康史氏から質問を受ける。

 森雅子法相は衆院内閣委で、松尾邦弘・元検事総長ら検察OB有志が法改正に反対する意見書を法務省に提出することについて、国民民主党の後藤祐一氏から見解を求められた。

 森氏は「様々なご意見があることは承知しているので、引き続き真摯(しんし)に説明していきたい」と答弁した。

 後藤氏は「今日中のコメントを」と求めた。これに対し、森氏は「仮定の質問にはなかなか答えることができない。真摯に説明しているという姿勢は、変わりなく続けていきたい」と答弁した。

 後藤氏は「このあとコメントを出さなかったら、真摯な説明(という姿勢)ではない」と訴えた。