武田担当相不信任案提出「説明責任果たさず」 野党4党

[PR]

 野党の立憲民主党国民民主党共産党社民党の4党などが、武田良太国家公務員制度担当相の不信任決議案を衆院に提出した。

 提出理由は、武田氏の検察庁法改正案をめぐる衆院内閣委での答弁について「無責任かつ不誠実」と指摘。「国民の声を一顧だにせず、説明責任を果たそうという姿勢がみじんもない」と強調した。