[PR]

 愛知県は15日、春日井市に住む30代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は507人となった。

 名古屋市によると、この男性は名古屋市水道局の職員で、西部管路センター(港区)で水道管の点検などを担当している。12日まで勤務し同日夕に発熱の症状が出たため、14日に医療機関を受診していた。水道局は一緒に仕事をしていた職員5人を、26日までの自宅待機としたという。

 水道局の担当者は「水道水は適切に塩素消毒を実施しており、安心して利用してほしい」としている。