[PR]

 松竹は15日、山田洋次監督(88)の新作映画「キネマの神様」で、新型コロナウイルスによる肺炎で死去した志村けんさんが演じる予定だった主役を、歌手の沢田研二さん(71)が演じると発表した。

 同作は映画撮影所で働く人々の青春の日々やその後の人生を描く。志村さんは主演が決まっていたが、新型コロナウイルスに感染して入院し、出演辞退を表明した後、3月29日に死去した。沢田さんは「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」とのコメントを出した。

 公開は当初12月を予定していたが、来年で調整しているという。