拡大する写真・図版演説会後、演壇を囲み、マスクを外して記念撮影する自民党・無所属の会の市議ら=横浜市中区

[PR]

 横浜市議会の臨時会が15日に閉会した。横浜市は現在、新市庁舎への引っ越しを進めており、現在の市議会議事堂が使われるのはこの日が最後。1959年9月落成の議事堂は、60年余りの歴史に幕を閉じる。

 臨時会閉会後、林文子市長が演説に立ち、市長就任後に初めて議事堂に立った場面に触れながら「この議場の先生たちの叱咤(しった)激励で育てていただいた」。時折声を詰まらせ、「感傷的になりました」とも述べた。

 横山正人議長は、過去の議事堂が地震や戦災で短命だったことに触れ、「この議事堂こそが平和の象徴そのもの」と述べた。

 終了後、自民党・無所属の会と公明党の2会派が、演壇を囲んで記念撮影した。撮影前にマスクを外してカメラの前に並んだが、自民会派は36人と大所帯で、OBも加わったため、やや「密」な状態が生じていた。(吉野慶祐)