[PR]

 大阪府藤井寺市にある、事業家山田市郎兵衛さん(享年77)の墓の下から13日、ミイラが見つかった。92年前に亡くなった山田さんは、死後にミイラになることを親族に求めていたといい、ミイラは山田さんとみられる。

墓を掘ると石室が

 親族らによると、山田さんは江戸末期の1851(嘉永4)年、今の藤井寺市に生まれた。染料の販売や貿易などで財をなし、旧制大阪府女子専門学校や帝塚山学院の創設にも貢献。1928年に亡くなった。

 「ひいおじいちゃんはミイラになって、お墓の下で眠っている」。山田さんのひ孫にあたる松尾淳子さん(66)は母親からこう聞いていた。「ミイラにしてほしいという遺言を息子に託し、病院で処置してもらった」とも伝えられてきた。ただ信じてもらえない気がして、周囲にはあまり話してこなかったという。

 今回、マンションが建設されることになり、山田さんの墓を移すことになった。親族らが墓の下を掘り始めたが、作業は難航。盛り土を取り除くと、コンクリートの石室(縦3メートル、横1・7メートル、深さ1・3メートル)が現れた。石室の中から鉄の棺が見つかり、ふたを外すと木棺が出てきた。

■棺また棺 「マトリョーシカの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら