[PR]

 青森県は15日、新型コロナウイルスに感染した県内の80代女性が同日、死亡したと発表した。県内で感染者の死亡が確認されるのは初めて。

 県によると、女性はこれまで県内で感染が確認された27人のうちの1人。県は本人の特定につながる可能性があるとして、死亡した女性の氏名や居住地、これまでの感染確認例との関係などは明らかにしていない。

 女性の死因は老衰と、筋肉が弱ることなどが原因で起きる廃用性症候群。県健康福祉部の説明によると、新型コロナウイルスの感染が直接の死因ではないものの、感染者の死亡とみなされるという。