[PR]

 台湾が新型コロナウイルスの封じ込めに成功しつつある。新たな域内の感染者は1カ月間確認されず、日常生活は回復に向かう。だが、防疫優先の厳しい入境管理のため観光客は激減。旅行業やサービス業など大きな打撃を受けた経済の再建が今後の課題だ。

 台湾当局の対策本部が13日に開いた記者会見。トップの陳時中・衛生福利部長は、4月13日以来、新規の域内感染者が確認されていない状況を受けて、「新たな生活スタイルを推進しよう」と呼びかけた。

 台湾の5月13日時点の累計感染者は440人で、海外からの流入などを除いた域内感染者はそのうち55人。死亡者は7人だ。3月下旬に台湾人や居住者以外の入境をほぼ閉ざし、2週間の隔離を厳格に適用することで、感染拡大を抑え込んできた。

 コロナ後の新たな暮らしの模索を、対策本部は「防疫新生活運動」と呼ぶ。

 8日に1試合につき1千人に限って観客入場を解禁した台湾プロ野球は、15日から枠を2千人まで拡大。出席者を100人以下にするよう求めてきた結婚式は、250人まで認める方向という。

 ただ、規制は緩和しながらも、警戒は緩めない。

 球場や美術館など人が集まる場ではマスク着用や十分な距離の確保、実名の申告が求められる。営業を休んでいたキャバレーやダンスホールも一部の地域で再開し、実名制が導入された。市民には「マスクのまま、どう酒を飲むのか」「実名では行きにくい」という声もあるが、防疫優先が徹底されている。

 2月末に再開した学校は授業中…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら