[PR]

 奈良県宇陀市の高見省次市長(60)が15日の臨時市議会で2度目の不信任を議決され、失職した。50日以内に市長選が実施される。立候補について高見市長は「これから考える」と述べた。元県まちづくり推進局長の金剛一智(かずとし)氏(63)が立候補の準備を始めている。

 高見市長は3月定例市議会で不信任を議決され、議会を解散。出直し市議選が行われた後、この日が初めての臨時議会となった。正副議長選出などの後、多田与四朗議員が高見市長の不信任を求める動議を出した。1度目の不信任に賛成・賛同した8人が賛成者に名前を連ねた。

 賛成多数で議題とすることに決まった後、多田議員が提案理由を説明した。出直し市議選に出て再度の不信任議決を目指した11人のうち10人が当選したことに触れ、「確かな民意と受け止めさせていただきました」と述べた。

 県との包括協定に基づくにぎわ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら