[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請の解除について、県は15日の対策本部会議で、パチンコ店への要請も同日から解除すると決めた。また、休業や行動自粛要請レベルの目安となる判断基準に具体的な数値を加えた。

 県は13日の同会議で、15日から一部業種を除いて休業要請の解除を決定。一方で、パチンコ店は県外からの利用客が想定されるとして、要請を継続するとしていた。だが、京都・大阪・兵庫の各府県が要請の一部解除を決めたことから、感染防止策の実施を求めた上で要請を解除した。

 また、休業や行動自粛要請の判断基準に①県内の人口10万人あたりの新規感染者数が直近1週間で0・5人未満(15日現在0・07人)②新規感染者のうち経路不明者の割合が直近1週間で半分未満(同0%)③自宅療養者がいない(同0人)――などの数値を盛り込んだ。

 県は13日時点で具体的な数値基準を示していなかったが、出口戦略検討会議の複数の委員から「数値がある方が県民にわかりやすい」と意見があったという。基準を一つでも満たさなければ即時レベルを引き上げるわけではなく、荒井正吾知事は「総合的に判断する」と話した。

 このほか県は、県内の感染状況を把握するためウイルスの感染歴を調べる抗体検査の実施を検討する。

 複数の県立施設の利用再開もこの日発表された。図書情報館▽県立美術館▽県文化会館▽橿原文化会館▽万葉文化館は19日から、一部制限などを設けた上で再開するという。図書情報館は閲覧席やパソコン席などの利用は当面休止する。(根本晃)

 ホテル

 奈良市高畑町のホテル・レストラン「セトレならまち」は4月20日から休館していたが、まずは県内在住者向けに、土曜日に1泊2日の宿泊をする営業を5月16日から始める。レストランも同日から昼のテイクアウトを始める。

 休館前から行っていた換気や消毒液の配置、スタッフのマスク着用などに加え、全32室のうち16室までの稼働とし、朝食もビュッフェ形式をやめるなどの工夫もする。3密にならず、共有物を減らす配慮だ。

 セトレならまちの波田裕明支配人(35)は「ホテルには『うれしい、おいしい、素敵』という日常にないものが求められてきたが、これからは安心安全の上に成り立っていくと思う。僕らは安全対策などできることはしっかりやりながら、全力でお客様をもてなしていく」と話した。

 県旅館・ホテル生活衛生同業組合の増田友宏理事長(67)は「厳しい時期が続く」と話す。首都圏の多くでは緊急事態宣言が続く。客足の戻りは不透明だ。

 増田さんが期待するのは県内からの宿泊客。「各ホテルは客を誘致するプランをつくり始めます。行政にも需要喚起の支援をお願いしたい」と話す。

 飲食店

 奈良市高畑町で2月3日に開業したばかりのフランス料理店「FAON(ファン)」。4月25日から店内営業を休み、午前11時半~午後6時のテイクアウトに。休業要請の解除が5月13日に示され、14日から昼のみ、事前予約でコースの営業を再開した。テイクアウトも継続する。

 オーナーシェフの足立遼司さん(38)は「テイクアウトだけでは毎日の売り上げが厳しい。休業要請が解除されたからといって、外に食べに行くとはなかなかならないと思う。早く治まって、色んな方に店のことを知っていただけたら」と話す。感染対策に努めながら、少しずつ店内営業を再開していくつもりだ。

 奈良市の東向商店街(ひがしむきしょうてんがい)。洋菓子店の「パティスリーこずえ」は4月上旬から休業していたが、5月12日から営業開始時間を午前9時から11時に遅らせるなどして再開した。客の入り具合を見て、通常の営業時間に戻すか判断するという。

 隅山絢子(すみやまあやこ)店長(36)は「この数カ月かなりの負担で、ぼちぼち再開しないと苦しかった。宣言が解除されたので、お客さんも戻って来て頂けるのではと期待しています」と話した。

 商業施設

 奈良市の商業施設ミ・ナーラは15日から一部店舗を除き営業を再開した。再開後も全従業員の検温やマスクの着用は徹底して行う。利用客にも出入り口の消毒液の利用や、エスカレーターで間隔を空けることなどを呼びかけるという。

 奈良市や橿原市、生駒市に3店舗を構える近鉄百貨店は、近日中の再開を検討中という。担当者は「再開に必要な準備をしている」と話した。

 寺院

 吉野町の金峯山寺は15日、国宝の本堂・蔵王堂の入堂制限を6月1日に解除すると発表した。拝観時間は午前8時半~午後4時でマスク着用などを求める。6月7日の「高祖会・千衣法要」、7月7日の「蓮華会(れんげえ)・蛙(かえる)飛び行事」は関係者だけで法要を営む。

 法隆寺はこれまでの発表通り、20日まで拝観停止を続け、21日から再開する予定。東大寺、興福寺、薬師寺は今月いっぱい拝観停止・制限を続けるという。(米田千佐子、渡辺元史、福田純也)