「黒川検事長と2人で会ったこともない」 首相が釈明

有料記事検察庁法改正案

[PR]

 安倍晋三首相は15日夜に配信されたジャーナリスト櫻井よしこ氏のインターネット番組に出演し、新型コロナウイルス対策や検察庁法改正案憲法改正などについて語った。主なやりとりは次の通り。

 【検察庁法改正】

 ――役職を持ってる人の(勤務を)3年延長できる特例を設けているが、法務省からの要請でそのまま了承したのか。

 一般の公務員の定年を上げることについて、それに準じて法務省においても、検察庁においても合わせたいという考え方であった。それでこの法案としてまとめて出している。

 ――三権分立を揺るがすと言われるのはなぜか。

 政策の中身、ファクトではなくて、一時的に広がるが、少し時間がたてば、「それはやっぱり事実と違ったな」というのは皆様にご理解をいただいていると思う。事実をわかりやすくなるべく説明していきたい。

 ――もっと積極的に説明した方がいいのでは。

 なんでそこまで問題になるのかというふうに考えていた。こうした形になった以上はしっかりとはっきりと申し上げることは申し上げておきたい。

 【東京高検の黒川弘務検事長の定年延長

 ――法務省の官房長が官邸に持ってきて頼んだ。

 基本的に検察庁の人事につい…

この記事は有料記事です。残り1088文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

検察庁法改正案

検察庁法改正案

ツイッターで拡散した検察庁法改正案への抗議、その行方は。問題点や識者たちの見解、そして黒川検事長の異色の経歴とは。[記事一覧へ]