拡大する写真・図版バンコクの「セントラルデパート」で再開に向けた準備をする店員ら。マスクの上にフェースシールドを着けている=2020年5月15日、貝瀬秋彦撮影

[PR]

 タイ政府は15日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って導入した規制の一部を緩和し、17日から百貨店やショッピングモールなどの再開を認め、夜間の外出禁止の時間も短縮すると発表した。タイの新規感染者は1桁台の日が続いており、今後、状況を見ながらさらなる緩和措置を検討する。

 タイでは3日から規制緩和の第1弾として、飲食店内での食事や美容院の営業などが認められ、次は第2弾となる。フィットネスセンターの一部やプールも再開の対象になるが、いずれも感染防止策を講じることが条件だ。夜間の外出禁止は現在の午後10時~午前4時が、午後11時~午前4時になる。

 一方で、映画館などの娯楽施設の閉鎖や、飲食店でのアルコール飲料提供の禁止などは続ける。

 バンコク中心部の「セントラル…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。