[PR]

 新型コロナウイルスの影響で、愛知県犬山市と岐阜県各務原市の境を流れる木曽川で繰り広げられる「木曽川うかい」の開幕が、6月1日から当面延期されることが決まった。主催する犬山、各務原両市が15日発表した。

 犬山市によると、木曽川うかいは毎年6月1日~10月15日に開かれるもので、6月1日に開かれないのは戦後初という。

 屋形船から鵜匠(うしょう)の手縄(たなわ)さばきを楽しむスタイル。東海地方以外からの観光客も多く、感染拡大のリスクを考えて開幕を見合わせることにした。石原篤郎鵜匠(43)は「延期は残念だが、しかるべき時期に鵜飼いを楽しんでいただけたら幸い」と話した。