拡大する写真・図版1862年に描かれたはしか絵「麻疹送出しの図」。はしかの神を竹の棒で担いで送り出し、流行の終息を願っている=東京都立中央図書館特別文庫室所蔵

[PR]

 世界中で新型コロナウイルスが広がっているが、はるか昔から、日本ではさまざまな疫病が流行してきた。そのたびに多くの人々が苦しみ、ときには歴史を変えるほどの影響をおよぼした。近代医学が発達する前、人々は目に見えない疫病と、どう向きあってきたのだろうか。(渡義人、編集委員・中村俊介

 はるか崇神(すじん)天皇の時代、疫病で民(たみ)の半数以上が亡くなった。「神が咎(とが)を与えているのではないか」。天皇は大田田根子(おおたたねこ)という人物に大物主神(おおものぬしのかみ)をまつらせると、疫病はおさまった――。

江戸時代「はしか」が流行すると、風呂屋や床屋、遊郭、魚屋などから人がいなくなったそうです。記事後半で詳しくご紹介します。

■先史~古代 藤原四兄弟…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら