[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言が39県で解除されて初めての週末となる16日、営業を再開した百貨店などには朝から多くの人が訪れた。

 岩田屋三越が運営する福岡市の岩田屋本店と福岡三越、岩田屋久留米店(福岡県久留米市)の3店舗は、16日に営業を再開した。

 岩田屋本店(福岡市)には開店前に約20人が列をつくった。1時間前から並んだ福岡県小郡市の主婦、村島美香さん(54)は「デパートが大好きで月1、2回は来ていた。心からうれしいです」と笑顔だった。

 店では感染対策として、マスクを着けない人の入店を断り、入り口に設置した体温を自動測定するカメラで37・5度以上あった場合も入店させていない。エレベーターの利用人数も制限し、営業時間は午前10時半~午後7時に短縮する。担当者は「お客様の安全が第一。『3密』を防ぎ、買い物を楽しんでもらいたい」と話す。

 4月9日から食品売り場以外を臨時休業していた小倉井筒屋(北九州市小倉北区)も全館の営業を再開。開店前から待ちわびる人らが列をつくった。午前10時に扉が開くと同時に、客を迎える店員の「おはようございます。いらっしゃいませ」という声が店内に響き渡った。

 会社員女性(43)は「自粛が続けば経済がダウンしてしまう。こうして日常が戻るのは良いことだと思う」。一方、会社員男性(50)は「外出はまだ少し不安。うちでは買い物に出るのは僕か妻のどちらか1人。今日も必要最小限で帰ります」と話した。

 同店では、混み合えば入店制限をかけ、店内では間隔をあけてもらうための目安を表示。エスカレーターは3段の間を取って乗ってもらう。桶谷祥太郎店長は「営業再開はうれしい半面、安全性を確保しなければと緊張感を持って開店を迎えた」と明かした。

 この日、長崎県佐世保市のハウ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら