[PR]
再考2020②
新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪・パラリンピックは1年延期となった。東京大会の意義はどこにあるのか。立ち止まって考えてみたい。

 1年延期になった東京オリンピック(五輪)は本当に開けるのか。スポーツ界の人間としては、今は我慢をして感染拡大を防ぐこと、新薬やワクチンが1日も早く開発されることを願うしかない。延期決定は政治主導でなされた印象だが、次に何かを決めるときには、スポーツ界が決断の中心にいたいと思う。

 3月下旬に開催延期が決まるまで、日本のスポーツ界が延期に関する議論をした記憶はない。世界がコロナ禍に襲われるなか、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は「まだ4カ月ある」と言い続けた。現実が見えているのかと思われただろう。

 東京五輪開催が決まってから、私たちは五輪の力や価値を過大評価していた。

【動画】コロナ対策などで簡素化されることが決まった東京五輪。その姿とは

 誰もが五輪が好きで、応援して…

この記事は有料会員記事です。残り752文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り752文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り752文字有料会員になると続きをお読みいただけます。