権力の地殻変動 しぼむ菅氏どう動く「俺がやったら…」

有料記事

安倍龍太郎
[PR]

 1年前、菅義偉官房長官は改元ブームの中心にいた。しかしいま、新型コロナウイルス感染症の拡大をめぐる対応では存在感を示せずにいる。安倍晋三首相との距離を指摘されるなど、この一年で菅氏の立ち位置は変化した。ポスト安倍をめぐる権力の「地殻変動」に、菅氏はどう挑むのか。

 「経済対策は総理、副総理、秘書官らで決めています。私は関わっていないんです」

 公明党幹部は支持母体・創価学会幹部から伝え聞いた菅氏の言葉に耳を疑った。支持者からの評判が悪い「30万円給付案」の撤回を、懇意の学会幹部が求めたところ、菅氏がめずらしく弱音を漏らしたというのだ。

 公明や学会との間に太いパイ…

この記事は有料記事です。残り2556文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!