[PR]

経世彩民 尾形聡彦の目

 米サンフランシスコからサンノゼにかけた一帯に位置するシリコンバレーは、とても静かな日々が続いている。

 新型コロナウイルスの感染予防のため、地域に外出禁止令が出たのは、全米の都市圏で最も早い3月17日。2カ月が過ぎた5月半ばになっても、外出禁止令が続く。

拡大する写真・図版外出禁止令で人通りがめっきり減り、静かなシリコンバレーの住宅街=2020年4月21日、米カリフォルニア州パロアルト市、尾形聡彦撮影

 シリコンバレーの中心部にあるパロアルト市の住宅街は、車の交通量がめっきり減り、小鳥のさえずりが響く。静まりかえった町を散歩していると、バレーがいま、深い長考に入っているような感覚を覚える。

 「緊急事態が終わっても、世界は以前と同じような姿ではないだろう」

 米グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は4月末、「コロナ後」の世界についてこう「予言」した。その巨大ITの社員たちは、世界の次の「新たな姿」を模索している。

拡大する写真・図版米グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)=尾形聡彦撮影

 グーグル本社の近くに住む、あ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら