写真・図版

[PR]

 1~3月期のGDPはもともと、消費増税後の回復具合を占うものとして注目されていた。だが、新型コロナの出現で状況は一変。感染拡大の悪影響がどう表れるかが焦点になった。

 18日公表の1次速報で、下落幅が前期より縮まったとはいえ、年率3・4%減という数字は小さくない。2月下旬以降、外出やイベントなどの自粛が広がり、経済活動が急速に冷え込んだことが示された。

 新型コロナがなければ、「増税…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら