[PR]

 4月3日のことだった。テレビ画面で、シンガポールのリー・シェンロン首相が演説していた。「全家庭に、再利用できるマスクを配布します」。外出時のマスク着用を勧め、ひとり1枚の「布マスク」を配るという発表だった。

 赴任のためシンガポールに入国し、14日間の隔離で滞在していたホテルでテレビを見ていた私は、思わず腰を浮かした。「症状がなければマスクはいらない」という対応からの、突然の方針転換だったからだ。しかも布マスク。日本ではその2日前に1世帯あたり2枚の布マスクの配布が発表され、賛否両論を巻き起こしていた。

マスクをめぐる反応は

 マスク配布の現場で、ふたりの子どもを持つという主婦(39)は同僚の取材に「医療用マスクは手に入りにくくなっていたから、ありがたい。これでしばらくは大丈夫」と話した。私の電話取材に応じた30代の男性は「マスクは家にまだあるし、自分が布マスクをするかと言えば、しないと思う。でも困っているひとは助かるのでは」と言った。

 否定的な意見はほとんど聞けな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら