[PR]

 ソフトバンクグループ(SBG)が18日発表した2020年3月期決算(国際会計基準)は、純損益が9615億円の赤字(前年は1兆4111億円の黒字)だった。純損益の赤字は15年ぶりで、赤字幅は過去最大。新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に株価が下落し、投資事業の損失が膨らんだ。

 今回計上した純損失の規模は、東京電力が東日本大震災後の11年3月期に計上した1兆2473億円、東芝が不正会計問題を起こした17年3月期に計上した9656億円に匹敵する。

 営業損益は1兆3646億円の赤字(前年は2兆736億円の黒字)。投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」で巨額の投資損失を計上した。

 売上高は、前年比1・5%増の6兆1850億円。グループの米携帯電話大手スプリントがTモバイルUSと合併し、4月にSBGの連結対象から外れたため、その影響を過去にさかのぼって適用。このため売上高はわずかに増えた。

 SBGは4月13日、5月の決…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら