[PR]

 米国務省のリニック監察官がトランプ大統領から解任された問題で、米NBCテレビは17日、ポンペオ国務長官が犬の散歩など私的な用事のために部下を使っていた可能性があり、リニック氏が調査を始めていた、と報じた。ホワイトハウス当局者によると、ポンペオ氏がリニック氏の解任をトランプ大統領に進言し、承認されたという。

 NBCは議会関係者2人の話として伝えた。それによると、15日に解任されたリニック氏はほかにも、ポンペオ氏がクリーニングに出した衣服の受け取りや、自身や妻のためのレストランの予約などを国務省の職員にさせた疑いを調べていたという。

 野党・民主党は既に、リニック氏がポンペオ氏を対象とした調査を開始していたと指摘し、解任について「不法な報復人事であることを強くうかがわせる」としていた。引き続き、経緯などを調査するとしている。(ワシントン=渡辺丘)