[PR]

 39県で緊急事態宣言が解除されて初めての週末となった17日(日曜日)、解除された都市では人出が増加傾向にあることがわかった。宣言が続いている都道府県では、東京の主要駅はそれほど増えていないが、大阪では増加している。

 ソフトバンクの子会社アグープから、スマートフォンの位置情報をもとに集計した主要駅周辺の推計人口データを提供してもらい、午後3時台の人出を、解除前となる1週間前の10日と比べた。

 増加率が特に大きいのは、いずれも14日に解除された愛知、福岡両県の駅。最も大きいのが栄駅(名古屋市)で84・8%。以下、福岡空港駅74・4%、西鉄福岡(天神)駅54・2%、博多駅50%と福岡市内が続き、人出が戻るようすがうかがえる。

 これに続いたのは緊急事態宣言は継続しているが、16日から休業要請が緩和された大阪府の大阪メトロ梅田駅(大阪市)、大阪駅(同)で、いずれも40%台の増加率となった。

 これらの駅周辺では10日に比べると増加傾向ではあるものの、感染拡大前の休日(1~2月)と比べると栄駅68・2%、天神駅69・4%、梅田駅83・6%などの減少となっている。

 一方、同様に宣言が継続している東京都内の主要駅では10日と比べ、東京駅12・9%、新宿駅22・2%、渋谷駅1・8%など、増え方が比較的小さい。1~2月の休日と比べた減少率はいずれも80%前後だった。

 宣言が続くほかの主な駅では10日と比べ、三ノ宮駅(兵庫県)20・6%、京都駅27・8%、札幌駅2・7%、横浜駅11・5%などの増加だった。大宮駅(埼玉県)、西船橋駅(千葉県)はそれぞれ5%と5・8%減少していた。(嘉幡久敬

17日(日曜日)の主な駅の人出(アグープのデータから)

           前週比

札幌駅(北海道)   +2・7%

勾当台公園駅(宮城県)+25・1%

水戸駅(茨城県)   -4・3%

大宮駅(埼玉県)   -5・0%

西船橋駅(千葉県)  -5・8%

東京駅(東京都)   +12・9%

関内駅(神奈川県)  +15・1%

岐阜駅(岐阜県)   +18・2%

栄駅(愛知県)    +84・8%

金沢駅(石川県)   +1・9%

京都駅(京都府)   +27・8%

梅田駅(大阪府)   +44・2%

三ノ宮駅(兵庫県)  +20・6%

天神駅(福岡県)   +54・2%

県庁前駅(沖縄県)  +40・9%