富山の高齢女性、死後に陽性判明 集団感染の施設に入所

新型コロナウイルス

[PR]

 富山県は18日、新型コロナウイルスに感染した富山市の90代以上の男女2人が死亡したと発表した。富山県内の死者は計20人になった。うち死亡した女性は死後に感染を確認。また別に20代の女性看護師の感染も新たに確認され、富山県内の感染者は2人増えて計227人になった。

 県によると、死亡した女性は、クラスター(感染者集団)が発生している老人保健施設「富山リハビリテーションホーム」の入所者。16日に死亡し、死後PCR検査をした結果、18日に陽性が判明した。

 感染が分かった女性看護師は感染症指定医療機関の富山県立中央病院(富山市)に勤務。新型コロナの感染患者がいる病棟で働いていたが、病院の機能には影響はないとしている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]