[PR]

 新型コロナウイルス対策のため、愛知県内でも配布が始まった政府の布マスク。名古屋市の団体が不要な人からマスクを集め、マスク不足に悩んでいる介護施設や障害者施設などに提供する活動を始めている。郵送でも受け付けており、団体は「必要とする人にマスクを届けることができる」と参加を呼びかけている。

 医療や介護事業者などでつくる「なごや高齢者見守りネットワーク(みま~も名古屋)」が主催。趣旨に賛同する薬局などの事業所に回収箱を設置する。期間は6月30日まで。「未開封」が条件で、政府が配る布マスク以外のマスクも受け付ける。

 愛知、三重、岐阜、静岡の4県にある86のキョーワ薬局に回収箱を設けるほか、キョーワ薬局御器所店(〒466・0855 名古屋市昭和区川名本町3の77)への郵送でも応じる。

 新たな回収箱の設置場所などは、団体のフェイスブックやホームページで随時掲載していく。団体事務局の池田裕樹さんは「マスクの回収を通じ、人と人とのつながりも図っていける活動にしていきたい」と話している。問い合わせは池田さん(090・5447・8755)

 安倍晋三首相が打ち出した各世帯に2枚ずつ配る布マスクは「アベノマスク」と呼ばれ、感染者の多い都道府県から届けている。配布には約466億円の予算が投じられている。(岩尾真宏)