[PR]

 ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は18日、2020年3月期決算の会見で、新型コロナの影響はITバブルの崩壊やリーマン・ショックに比べて「余裕」と語った。主なやりとりは次の通り。

 ――投資成績がマイナスになったなら、現時点でファンドは失敗では。

 「昨年末から日経平均や米ダウ工業株平均は大きく下げた。(SBGの)ファンドは8・8兆円の投資で1%未満のマイナス。これで失敗と言うかは主観のあるところ。私は、これだけの景気でまあまあ悪くないのでは、と言いたい」

 ――今後も投資は継続するのか。

 「継続はするが、ガンガンいく…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら