• アピタル

家に帰れぬ医療従事者たち 自腹ホテル滞在に支援広がる

有料会員記事

加茂謙吾、金本有加
[PR]

 日々感染リスクにさらされながら、新型コロナウイルスに対処する医療従事者たち。家族らにうつす懸念から家に帰れず、自己負担で外泊するケースもあるという。こうした厳しい状況を救おうと、ホテルを無償提供する取り組みなどが広がっている。加茂謙吾、金本有加)

 「子どもが感染すれば、差別やいじめの標的にされかねない」

 大阪府内の病院で新型コロナの検査や治療にあたる30代の男性医師。いつ感染するか分からず、帰宅すれば家族にうつすおそれがあると心配を隠せない。

 4月末まで通常の外来診療に加え、感染が疑われる患者約50人を診察していた。そのうち十数人は後に陽性が確認された。今月からは新型コロナの専属病棟で勤務する。医療用マスクや防護服などの用品が足りず、消毒して数日間使い回すことも珍しくない。容体が悪化した患者の心臓マッサージをすることもある。

 感染リスクを踏まえ、3月下…

この記事は有料会員記事です。残り1101文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら