[PR]

 学校の休校や飲食店の営業自粛で需要が落ち込む農水産物の消費を促そうと静岡県は、補助金を使った支援策に乗り出した。JA静岡経済連はこれを受け、格安の通信販売企画「バイ・シズオカ」を始めている。

 牛肉やメロン、ワサビなど110品の県産品が最大3割引きでのJAの通販サイト「しずおか 手しお屋」で販売されている。この企画は8日に始まり、6月末までの予定。割引された総額が予算の1千万円に達し次第、終了する。

 川勝平太知事は18日、PRを兼ねて報道陣を前に知事室で注文。「腹いっぱい食べられる限り食べたい。県をあげて応援していきたい」と、需要が低迷する牛乳やキンメダイの煮付けなど7品を購入した。(宮川純一)