[PR]

 新型コロナウイルスの感染防止のために外出が控えられ、働く現場ではテレワーク(在宅勤務)が急速に広がっている。緊急事態宣言が解除された地域もあるが、今後も感染防止策としてテレワークを続ける企業は多そうだ。定着のための課題は何か。早くから自社でテレワークに取り組んできた、経済同友会の桜田謙悟代表幹事(SOMPOホールディングス〈HD〉社長)に聞いた。

 ――SOMPOHDでテレワークを始めたきっかけは。

 「海外出張の際、日本にいる役員との間でテレビ会議システムを使ったら、非常に便利だった。同じ書類を見ながら話せて、電話より臨場感もある。十分仕事に使えるので、3年前から週に1日はテレビ会議を使ってテレワークを行っている」

 ――テレワークをしてみて分かったことは。

 「SOMPOHDや同友会での私の役割がはっきりした。私が判断しなければ、どんな業務が止まって、だれに迷惑をかけるのかがよく分かった。出社しているとそういう感覚が分からない」

 「実際の業務をみても、上司が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら