声なき首相の危ない強権、国民の怒りが希望 中島岳志氏

有料会員記事

聞き手・小野太郎
[PR]

 突如打ち出した学校の一斉休校、布マスク配布、著名人とのコラボを狙った動画投稿――。新型コロナウイルス感染拡大のなか、安倍晋三首相を取材する「総理番」記者として、その政策や振る舞いに違和感を覚えることもあった。首相の視線は、きちんと国民に向けられているのだろうか。危機的な状況下でリーダーはどうあるべきなのか、東京工業大中島岳志教授(政治学)に話を聞いた。(聞き手・小野太郎)

 なんと言うか、国民と同じ地平に首相は立っていないと見えてしまうのです。

 決定的だったのは、コロナ危…

この記事は有料会員記事です。残り1791文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線

この連載の一覧を見る