「ブランド作物守る」法改正 農家が心配するワケ

有料記事

高木真也 兼田徳幸
[PR]

 農作物の種苗を開発者に無断で栽培したり誰かに譲り渡したりすることを禁止する種苗法の改正に、政府が意欲を示している。ブランド作物の海外流出を防ぐ狙いを強調し、改正案の今国会での成立をめざす。だが、一部の農家などからは生産への影響を懸念する声も根強い。なぜなのか。

 新しい品種の多くは、国の研…

この記事は有料記事です。残り483文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント