[PR]

 陸海空の伝統的な軍事空間に加え、サイバーと宇宙が、新たな「戦闘空間」と位置づけられるなかで、すべての空間にかかわる「電磁スペクトル(EMS)」が、今後の軍事作戦の雌雄を決すると言われている。

 EMSとは、電波やマイクロ波、X線、赤外線など全ての電磁波の周波数帯域を指す。全地球測位システム(GPS)から、部隊間の無線通信、航空電子機器、ミサイルの精密攻撃、高性能レーダーに至るまで、軍事行動には不可欠だ。EMSを使った電子戦で優位に立とうと、各国がしのぎを削っている。

 「とんでもないことをやっている。これでジャミング(電波妨害)されたら、空自も米軍機も飛行不能でミサイルも使えない」。防衛省幹部を、こう震撼(しんかん)させたのは、2014年の出来事だった。

■中国機、脅威の電波妨…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら