[PR]

 大阪府は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに6人確認されたと発表した。うち3人は集団感染が明らかになった大阪拘置所の30~40代の男性職員で再び陽性が確認された。大阪府内の感染者は延べ1788人となった。

 大阪拘置所の3人はいずれも4月に陽性が判明し、2週間の自宅療養を経て無症状だったため陰性とみなされた。しかし、今月18日に職場復帰に先だつ検査で再び陽性となった。別の2人は4月に陽性が判明していたもの。大阪市と吹田市の保健所からの報告が遅れたためという。

 また、これまでの感染者のうち、70代女性が亡くなったことが確認された。府内の死者は計71人になった。