定食の大戸屋、おかずを冷凍食品に さば塩焼きも

若井琢水
[PR]

 定食チェーンの大戸屋は20日、おかずの冷凍食品を店頭で発売する。新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込むなか、下支えを狙う。まずは一部の店で売り出し、9月下旬には全国で販売する。

 定食のおかずとして人気の、鶏と野菜の黒酢あん(税込み580円)や、さば塩焼き(520円)など8品目を扱う。デミハンバーグ(550円)など冷凍食品限定の商品もある。

 店内での調理を「看板」にするが、冷凍食品は外部の専用工場でつくる。試作を繰り返し、店の味を再現できたものから商品化していく。

 20日から首都圏の直営22店で販売し、9月末からはフランチャイズ店を含めた国内約350の全店で販売を予定する。ネット販売も準備中という。

 19日に発表した2020年3月期決算は、純損益が11億円の赤字だった。4月の既存店売上高が前年の半分に落ち込む一方、持ち帰りは5割増し。冷凍食品事業への期待は大きい。村山康介取締役は「将来的には持ち帰りと合わせて売り上げの5割を占める事業にしていきたい」と話した。(若井琢水)