和歌山)校庭に子どもたちの声、高野町の小中学校再開

新型コロナウイルス

高田純一
[PR]

 新型コロナウイルスの影響で、4月13日から臨時休校が続いていた高野町内の3小学校と1中学校が再開した。

 県は、県立校と同様に県内の市町村に5月末まで臨時休校とし、6月1日から再開することを求めているが、高野町教育委員会は、町内で感染者も、近隣市町で感染経路不明な患者も確認されていないことなどを踏まえ、休校を解除したとしている。

 町立高野山小学校では18日から全校児童95人が登校。検温やマスク着用、アルコール消毒などの対策をし、一番多い4年生25人は教室二つ分のランチルームで授業をしている。

 19日、給食後の休み時間には児童が校庭に飛び出し、サッカーやブランコ、一輪車、鉄棒などを楽しんでいた。6年生の稲葉遥音(はるね)さん(11)は「ずっと休みだったので外で友だちとのびのび遊びたかった」と走り回っていた。

 同小では休校中、6~4年生のみオンラインによる朝の会をしてきた。2回の登校日も設けた。恋中淳悟校長は「感染対策を欠かさず、徐々に平常に戻していきたい」と話していた。(高田純一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]