【動画】新型コロナウイルス感染対策のための木製パーテーション=寺田実穂子撮影
[PR]

 最近スーパーやコンビニのレジでよく見る、新型コロナウイルス感染防止対策の透明シート。間仕切りとして置いて使える木製パーテーションを、愛媛県森林組合連合会の木材加工センター(松山市)が県産スギ材を使って製作している。販売を始めて2週間ほどで100組を超える注文があり、担当者は「木の香りがするのでリラックス効果もある」と話す。

 パーテーションは、県産スギ材と透明のアクリル板やナイロンシートを用い、センターの職員が手作りしている。シートが木枠に貼り付けられているタイプ(高さ64~77センチ、横120センチ)と、アクリル板またはビニールシートを自分で取り付けて横幅を調整できるタイプ(高さ79センチ)がある。飛沫(ひまつ)の拡散防止に、接客が必要な窓口や職場で対面している机と机の間などに置いて使う。

 4月下旬に考案し、5月中旬までに県内の行政機関や病院、個人事業者などに約120組を納品した。製作した仙波辰志さん(56)は「これを使わなくていい生活に早く戻ってほしい」と願っている。

 価格は2500円(税抜き)から。問い合わせは木材加工センター(089・963・1118)へ。(寺田実穂子)

関連ニュース