[PR]

 「アンネの日記」の著者アンネ・フランク(1929~45)ゆかりのバラ約10株が、聖イエス会高松教会(高松市昭和町1丁目)の花壇で見頃を迎えている。

 アンネは第2次世界大戦中、ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害の犠牲になった。ベルギーの育種家が彼女をしのんで作ったという「アンネのバラ」は開花直後の花弁は黄色で、徐々にピンク、赤へと変化する。

 日本には72年、アンネの父、オットー・フランク氏から贈られ、各地に広まった。その前年、欧州などを訪ねて各地で公演した聖イエス会(本部・京都市)の合唱団とイスラエルで偶然出会い、交流が続いた。

 高松教会の牧師、左近悦生(さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース