[PR]

「勝手に関西遺産」総集編

 私が書いていた「関西遺産」は、もっぱら言葉、関西弁だった。「しゃあない」「なんでやねん」「かなんな・かなわんな」などなど。商売や生活の知恵が磨いた言葉の数々は、関西人がいかにコミュニケーションにたけているかの証明書のようなものだ。だが、この新型コロナウイルスの状況下にあって頭に浮かんだのは、「モロゾフのプリンカップ」である。

2004年から続く関西遺産は、総集編をお届けしています
 「まだまだ勝手に関西遺産」は、2004年11月にスタートした「勝手に関西世界遺産」が前身です。関西は本家のユネスコ認定の世界遺産に収まりきらない、愛すべき身近な「お宝」がいっぱいある――。そんな意気込みで始まりました。登録者は関西ゆかりの識者たち。そのうち6人に当時を振り返って頂きます。第2回はライターの島﨑今日子さんです。

パンデミックの日常で

拡大する写真・図版関西人の家には必ずある?モロゾフのプリンカップ=酒井羊一撮影

 阪神大震災の1週間後。落語家の桂あやめさんは実家が損壊し、お母さんが亡くなるという悲しみのときに、高座に上がった。枕が秀逸だった。地震で世の中の価値観は一変し、男の選び方も「三高」(高学歴・高収入・高身長)から「何本ペットボトルやガスボンベ入ったリュックを担いで神戸まで行けるか」に変わる。そして「高級な食器はぜーんぶ壊れ、残ったのがモロゾフのプリンカップだけです。丈夫が一番!」。大きな笑いが起こった。

拡大する写真・図版コップとして食堂で再利用されているプリンカップ。1度買えば2度「おいしい」、しかも丈夫=酒井羊一撮影

 パンデミックという不条理を前…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら