拡大する写真・図版ドリブルで攻め込む三遠の河村勇輝選手。ベンチから見守る鹿毛誠一郎GM=Bリーグ提供

[PR]

スポーツのミカタ

 バスケットボール・Bリーグのシーズン表彰で、三遠ネオフェニックスの特別指定選手だった河村勇輝選手(19)=東海大=が新人ベスト5に選ばれた。チーム内で見続けた鹿毛(かげ)誠一郎ゼネラルマネジャー(GM)に、超高校級選手を振り返ってもらった。

 福岡第一高で活躍した河村選手は、卒業前の1月25日の千葉ジェッツ戦でデビューし、出場と得点のB1最年少を記録。新型コロナウイルスの影響で今季途中に終了するまで11試合に出場した(うち7試合先発)。1試合平均の12・6得点と出場時間22分13秒は、学校に在籍しながらプレーした特別指定選手の中で1位。体の強さや連係などに課題があり、試合数も少ないが、鹿毛GMは「スタッツ(成績)は大学生のトップと並べても負けていない。新人ベスト5は文句なしじゃない?」と話す。

 特に注目する数字は、フリースローを打った本数のFTAと、シュートを打った本数のFGAだ。

 1試合平均のFTA3・9本は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら