[PR]

 大阪市立大生活科学研究科の羽生大記(はぶだいき)教授(肝臓病学)は、慢性の肝臓病患者の生活習慣について研究している。最近注目しているのが、肝臓病と筋肉の関係だ。

 慢性の肝臓病の大きな原因はB型やC型肝炎のウイルスだ。ここ5年ほどで新たな薬が相次いで登場し、ウイルス性の肝炎は抑えることができるようになったものの、別の問題が起きるようになってきた。

 羽生さんらが、C型肝炎の進行で肝臓が硬くなる肝硬変になった患者50人を調べたところ、そのうち4割の患者は、「サルコペニア」になっていることがわかった。

 サルコペニアとは、ギリシャ語で筋肉を表すサルコと、喪失を意味するペニアを組み合わせた造語だ。加齢などで筋肉量が落ち、筋力低下が起きた状態をさす。

 肝臓は、食事から得たエネルギ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら